ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのクラウド・フォレストを回り終える頃には、太陽が傾いている様子がドーム内から窺えました。

ここを出てすぐサンズ・スカイパークに向かっても、もしチケット売り場が混雑などしていたら、夕暮れのベストタイミングは逃してしまうかもしれない。もうちょっとだけ早く切り上げても良かったなぁなんて思ったけど、まぁこうなったものは仕方ない。

ガイドブックによるとスカイパークのチケット売り場は、サンズのタワー3の横にあるエスカレーターから地下に降りた場所にあるとのこと。タワー3か。

ここでおさらい。
サンズのタワーはマーライオンサイドから見て右からタワー1⇒3となっています。
つまり反対側のガーデンズ方面から見ると右からタワー3⇒1ですね。

ガーデンズから来た道をそのまま戻るとタワー1に着くのでそこを経由した後、地上の外を歩いて意外とすんなりとタワー3へ辿り着くことができたような記憶です。

そしてチケット売り場へ通じるエスカレーターもすぐ発見。
さすが観光地、こうしてる間にも何人かがエスカレーターをおりていく。

私たちも負けじと行くぞー!おー。



地上200mのサンズ・スカイパーク展望台


チケット売り場に着くと、若干の人数は並んでいましたが全然多くはないレベルでした。10人とかそこらへん?もうちょっといたかな?
でも窓口もいくつかあったし、そんなに待たされた感もなくチケット購入できました。

ちなみに料金は大人で定価23シンガポールドル。

はいっ!ここでくどいようですが、
またまたシンガポール航空の搭乗券割引きの登場です。15%OFFでした。

過去の記事:シンガポール航空搭乗券特典は割引などが使えてオススメ


次はいざ屋上へ向かうエレベーター!とか思ってたら、その間にテーマパークとかでよくある無理やりセットの背景の前に立たされて写真撮られて帰りにいかがっすか~スタイルな感じの撮影がありました。
う~ん、別にいらないかな。。。

待てを食らわされた気分になりながら、今度こそはエレベーターに並ぶ。
そしてスタッフの案内に従ってエレベーターに乗り込みました。

グイグイ階数が上がって、すぐ到着。
早っ!!

私は日本のスカイツリーにも行ったことがないんですが、こういう展望台が有している最新のエレベーターってスゴイね!揺れないしあっという間だね!

そんなことを考えながら着いた先のスカイデッキに出ると・・・

たっかーーーーーーーーーー!!!!!(@_@)


skypark
(少し前までビビってたガーデンズのスーパーツリーがあの小ささ!)


ちょっと一瞬クラクラしました。

ちなみにこのサンズ・スカイパーク、地上200mの高さで57階相当なんだそうです。
Sky・Parkってことで「空中庭園」なんて紹介されているのを見かけますけど、庭園というほど落ち着かないよ私には。


囲いの透明ガラスがスリリング


なお、このスカイデッキをぐるりと囲んであるのは、フェンスとかじゃなくて手すり付きの透明なガラス(!!)。もちろん人の身長以上の高さにはなってますが、この透明はスリルを煽っているようにしか思えない。

ちなみにデッキのスペース自体はそこそこ広々としているんですが、ガラス際の場所、要するにデッキの淵は大人気。人が座り込んで場所取りみたいなことになってました。

それでも少し空いている隙間に入り込んで、試しに床に膝をつき恐る恐るガラスに顔を近づけてみる・・・
ひー!おっかない!!
ガラスに近づくほど存分にスカイパークの高さを味わえます。が、そこから立ち上がったり手すりを離したりなんてのはとてもできず。私にはこれが精一杯でした。。。

怖いならそんなことしなきゃいいじゃんと思いました?
もちろん怖いけど、思い出に一回ぐらいはそういうの体験したい派なんです私。


skypark2
(あのシンガポールフライヤーもスカイパークから見るとこんな下の方に!)


中央付近に戻ったら今度は旦那が私のカメラを手で持って2人自撮り。
なんてことをやってたら、突然、欧米の紳士風おじさまが「撮ってあげるよ」と言わんばかりのジェスチャーで手を差し出してきた。

ここで何にでも警戒心の強い旦那、手を振って断るの巻!(驚)

えぇー断っちゃうのー?!
そしたらおじさまは引くのかと思いきや「遠慮するなよ」と言わんばかりに笑顔で何度も手を差し出してくる。

私「せっかく言ってくれてるからお願いしようよ」
旦「そ、そう?じゃあ・・・」

そしてカメラを構えたおじさまは、2人にもっと寄ってとか、もう少しとか指示を出した後、少しばかりの間アングルをジリジリと動かし、ここだと思ったらしいポイントでシャッターを切ってくれた。
そして、撮影後に液晶に一瞬映る完成品をガッツリ確認したうえで笑顔でカメラを返却。

私「(写真を見て)Great! Thank you!!」

そんな月並みで簡単なお礼しか言えなかったけど、なんだかすごく嬉しかったなぁ。

海外において、頼まれて私が他の人を撮影したことはあっても、自分が一般の方に撮影してもらうなんてこっちから英語で声を掛けない限りないと思ってた。つまり英語下手な今の私には無理だと。

それなのに思いがけず相手の方から親切心をもらった。
この交流は、なんとなく私にとって印象深いものになりました。

しかし、他人の写真とはいえ手を抜かない感じのおじさまだったな。。。


そして夕暮れから夜景へ


気付けばシンガポールの景色にはほんのりと夜の闇が訪れはじめ、少しずつ街の明かりも灯りだしていました。
厚めの雲が多いせいかあまり夕焼けというような空色にはなっていないけど、薄暗い中のイルミネーションというのもなかなかどうしてオツなものです。


skypark3
(デジカメのトイカメラモードというのを初めて使って撮影!なかなか味がある仕上がり?!)


やっぱりこの時間帯に来て良かったなー・・・
しばしこの絶景にまったりモード。

そしてふと思いました。
今日、ここまで全然雨降ってない!!!

これまでのパターンだと夕方の暗くなる前に一降り、暗くなってからまた酷い豪雨が一降り、みたいなことが続いていたんだけど、シンガポール滞在3日目にして天気良好かも?!
1日くらいはそういう日が欲しかったし、それが景色を楽しむこの日にあたって嬉しい☆

そしてだいぶ暗くなったシンガポールの夜景。
ビルやホテル、シンガポール・フライヤー、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、さらには道路や海に浮かぶ船々まで、さっきよりもより一層たくさんのイルミネーションがそこかしこで映えていました。


skypark4
(ガーデンズのドームやスーパーツリー、そして向こうの方の船もキレイ)


夜景は1日目にシンガポール・フライヤーからも見たけど、それとはまた全然違う広がりの景色を楽しめた気がしました。まぁ実際高度も全然違うしね。
なんとなくタイミングも良かったのかもしれない。3日目というシンガポールに少し馴染んできたこの時期にシティを上空から俯瞰で見るというのが、自分的には興味深かったというか感慨深かったのです。

明日にはこのシンガポールともお別れかぁ・・・
と少しだけしんみりとしてみたり。

そんな訳で、サンズ・スカイパークからの絶景はとても良い思い出になりました。
来て良かったです。高いところが怖かった以上に楽しめた感があります。

ここは昼に来ても夜に来ても、多分どっちもそれぞれ良い景色だと思うけど、私的には夕暮れ時がオススメですよ。


それでは本日はこの辺で。続きはまた次回です。