NHKの語学番組”オトキソ”こと「おとなの基礎英語」のシンガポール編の舞台を追っかけようシリーズ!今回はEpisode91&Episode92の2回を取り上げます。

このようにご紹介できるオトキソの放送自体も、あと残り10回を切ってきましたね。
もう少しでまたシンガポールを身近に感じることが出来る機会が減ると思うと、ちょっと寂しい・・・!


Episode 91 「何時に始まるのかご存知ですか?」


純ちゃんは前回のセントーサ島を離れて、マリーナベイのマーライオンパークに戻ってきたみたいです。元祖(?!)マーライオンの方があるところね。

目的は「ワンダー・フル(Wonder Full)」というショーを見ることのようですが、肝心の場所も時間も知らないって・・・楽観的だなぁ純ちゃんは(笑)

近くを通りかかった男性にその辺の情報を尋ねることにして、PM8時&9時半の2回のショーであることとか、約15分間で無料のショーだとか、湾の向こう側のマリーナ・ベイ・サンズ前が開催場所であることとか色々教えてもらっていました。
質問した相手が知りたいことを知ってる人で良かったね。

ショーの時間まで10分程度なのに、あそこまで行くなんて無理!と焦る純ちゃんに対し、ここで待ってればいいんだよとのコメントを残して去っていく男性。

そう、ワンダー・フルは、遠目にレーザーショーとして楽しむこともできるし、会場近くで光と水の噴水ショーとして楽しむこともできる2種類の見方があるショーなんです。
だから近くに行くのが間に合わないなら、ここでレーザーショーの方を見ていけばっていう意味合いの男性の助言だったのでしょうね。


私は遠目バージョンも近くバージョンも両方鑑賞してきました。
どっちも狙ったわけじゃなくたまたま始まった、という言い方の方が合ってるんだけどね。

ともかくこのワンダー・フルは、ただでさえ煌びやかなマリーナベイをよりゴージャスに彩る、時間も程よく短い何より無料のショーですから。
夜のマリーナベイを訪れたら旅の思い出に一度くらいは見ていくとイイと思いますよ。


今日のキーフレーズ: Do you know what time it starts?

【 Map 】

※会場であるイベントプラザがMapにないので近そうな場所を選択しています。


Episode 92 「電気ポットの調子が悪いんです」


前にも一度ありましたが、今回は再びホテルで過ごす純ちゃんのエピソード。
なので舞台としては前回と同様の「AQUEEN PAYA LEBAR HOTEL」という名前のホテルだと思われます。

参考:おとなの基礎英語(シンガポール編)Episode87,88のスポット


純ちゃんはホテルの部屋で仕事をする傍ら、一息つこうと思ったのか電子ポットでお湯を沸かそうとします。
しかし、電子ポットのスイッチをカチカチいわせても何も反応しない。

故障?と思ってすぐフロントへ電話。
ランプも付かないってことで代わりに別の電子ポットを持ってきてくれることになったんだけど、部屋に届けられたそのもう1台の電子ポットも同様の症状で一切反応なし。

2台ともダメってことはコンセントの問題・・・?
と思い始めた純ちゃんは、ホテルスタッフさんにコンセントを指差します。

結果、差込口近くにあるスイッチがオンになっていなかったのでポットに通電できていなかったのが原因、ということが判明するのでした。ちゃんちゃん。


・・・って、分かるーーーーー!!
私も同じ罠にハマりかけましたもん!
そして危うく部屋に用意されていたTWGの紅茶を淹れることを断念しかけました。

でも私の場合は、コンセントの差込口にもスイッチがあることに自分でたまたま気付けたんですよね。
ここにもスイッチがあるなんて、日本の省エネのやつみたいだなと思いましたよ。

あ、ちなみに純ちゃんがスタッフさんにコンセントのことは「socket」だよって教わってましたね。
「コンセント」が和製英語っていうのは何となく知ってたけど、英語は「outlet」だと思っていたらこれはアメリカ英語で「socket」がイギリス英語なんですって。さっき調べました。

シンガポールはやっぱイギリス影響が強いんだな~と思った一幕でした。


今日のキーフレーズ: There's something wrong with the electric kettle.

【 Map 】

※Episode88と同じですが再掲。


本日は以上です。