NHKの語学番組”オトキソ”こと「おとなの基礎英語」のシンガポール編の舞台を追っかけようシリーズ!

ついに残るエピソードは4つ、ラストウィークのラストスパートですよ~!
本ブログでは2エピソードずつご紹介するペースなので、つまりこのシリーズも残りあと2回で終わりってことです。おぉ、若干長かったような短かったような・・・

ではでは本題に参りましょう。
今回は、Episode97&Episode98の2話放送分を取り上げていきます。


Episode 97 「プレゼント用に包装してもらえますか?」


日本への帰国が近い純ちゃん。おみやげを探しにとあるショップを訪れています。

ここは私も行った「メリッサ(Melissa)」という名前のお店で、おみやげを中心に扱った雑貨屋さんみたいな感じのところでしたね。
場所はオーチャードのマンダリン・ギャラリーというショッピングモール内にあります。

メリッサは、日本人オーナーさんが手がけるお店としてガイドブックに載っていて、そこで紹介されていたマーライオングッズもぶさカワだった(笑)ので気になって見に行ったんです。

実際のお店も色んな雑貨の品揃えがあって全部可愛くて、良かったですよ~(^^)

さすが日本人オーナーということで日本語の商品表記とかもありましたし、オトキソでは店員さんは英語だったけど私が行ったときは確か日本語だった、はず。
海外慣れしていない英語が苦手な人でも安心して見られるお店だとすごく思いましたね。


おっと、純ちゃんに話を戻しましょう。

マーライオンが欲しいという純ちゃんが店員さんにオススメを聞くと、やっぱり木彫りのマーライオンシリーズだという答えでした。

これこれ。手作り感いっぱいの個性的な表情が1個1個違うマーライオン。
こうやって気に入った顔を選ぶのも楽しいよね。選んだ方が愛着も湧くし、可愛さも増す☆

あ、でも純ちゃんは編集長へのおみやげとして買ってたんだったね。

編集長に似ていると噂のマーライオンは大きいやつだったけど、この木彫りタイプのマーはサイズもバリエーションももっと色々あるんですよ。
私はそのとき並んでいた商品の中で一番ってくらい小さいのをチョイスして自分用のおみやげに買いました。


今日のキーフレーズ: Could you gift-wrap it?

【 Map 】



Episode 98 「ええ、恐縮です」


今日の純ちゃんは、シンガポールでお世話になったレイチェルのご家族にお礼の挨拶をしに行くようです。
以前にも来たレイチェルの自宅を再び訪ねていました。

家の中で皆で集まって、お互いに感謝の言葉を交わします。
レイチェルと純ちゃんはお別れが悲しいと口にしてちょっとしんみり。この2人は息合ってそうだったし仲良しだったもんね。

そしてレイチェル一家から純ちゃんにプレゼントが。
包みを開けるとそれはキレイな刺繍のハンカチで(こういうのスワトウ刺繍っていうの?)、使うのがもったいないくらい素敵だと感慨深げに眺める純ちゃん。

そのわりに感極まって泣き出しちゃったときに自然と涙をぬぐうのにそのハンカチを使っちゃってた、という何とも純ちゃんらしい微笑ましいエピソードでした。


印象的だったのが、こんなシーンでも相変わらず「ハッハッハッ」と終始笑顔だったレイチェルパパだね。
なかなかどうしてブレないキャラだ(笑)


今日のキーフレーズ: Oh, you shouldn't have.

【 Map 】

※Episode78と同じですが再掲。


本日は以上です。残り1回・・・!